タランチュラ

コバルトブルータランチュラの販売、紹介、飼育方法

コバルトブルータランチュラを紹介します。

当サイトではコバルトブルーを販売しています。暇なときにご覧ください↓

販売生体一覧を見る

特徴

  • 学名: Cyriopagopus lividus
  • Cyriopagopus属
  • ミャンマー、タイ
  • 地中棲
  • 相場
    ベビー:ほとんど出回らない
    アダルト♀:1万~1万5000円くらい
  • 中~大型
    最大体長7cm程、
    最大レッグスパン14cm程
  • 気性は荒く、動きが早い

ミャンマーからタイにかけて生息するタランチュラ。

棲息地によって微妙に色合いが異なります。

メタリックな青のタイプから、緑がかったタイプもいます。

↓緑がかったタイプの、飼育ケース引っ越し動画

(0:25あたりが、緑の毛並みをよく理解できると思います。)

コバルトブルーは、その色彩から絶大な知名度と人気を誇るが非常に気質が激しく、毒性も厳しいとされるため初心者にはおすすめできません。

飼育方法

コバルトブルーの飼育方法は地中棲のタランチュラ飼育方法で問題ないです。

体長3㎝未満くらいだったらベビーの飼育方法を参照ください。

あわせて読みたい
地中棲タランチュラの飼育方法地中性タランチュラの飼育方法を紹介します。 バブーンやアースタイガーと呼ばれる種類はこの飼育方法でいけます。 主な種類として...
あわせて読みたい
タランチュラベビーの飼育方法タランチュラベビー(スパイダリング、ジュブナイル)の飼育方法を紹介します。 出嚢直後とかにはあたりません。ご了承ください。 ...

補足として、

多湿気味に飼う

が挙げられます。これはタイ、ミャンマーの環境によるものです。

また、水もよく飲みます。

雌雄での色彩の違い

コバルトブルーは、雌雄によって色彩が大きく異なります。

左の青々とした個体が♀、右の地味な灰色っぽい個体が♂です。

以上でコバルトブルーの紹介は終わります。

その他Cyriopagopus属

タイランドブラック(Cyriopagopus minax)

お知りに虎柄模様が入ります。

タイランドブラック”ビッグブラック”
(Cyriopagopus minax “BIG BLACK”)

普通のminaxと違い、真っ黒になります。

タイゼブラ(Cyriopagopus albostriatus)

名前が見た目のまんまなので、特に説明しません。タイのゼブラです。

奇虫販売

当サイトではタランチュラ・サソリの通信販売を行ってます.

定期的に更新しております。是非ご覧ください。



販売生体一覧を見る