タランチュラ

1匹10万円のクモ、ブラジリアンジュエル(セラドニア)とは

一匹で10万円するクモが存在します。

それがこの

Typhochlaena seladonia です

引用https://twitter.com/sofiabiologista/status/793464394877251584

基本情報

コモンネーム(よく呼ばれる名前)はブラジリアンジュエル。キャンディショップスパイダーと呼ぶ派閥もあるとかないとか。蜘蛛界隈では種小名のseladonia(セラドニア)と呼ぶのが早いでしょう。

  • ブラジルで見つかります。
  • 全長で2㎝前後という極めて小さな蜘蛛です。
  • 価格が大体、10万円

直近では、2018年春ごろにレインフォレストさんでお値段98000円で販売されていました。相場はこんなところです。

Aviculariinae亜科に属しており、アンティルピンクトゥーなどが近い種類として挙げられます。

生態

セラドニアは極めて小さいため、ハエトリグモなどに間違われやすいですが、れっきとしたタランチュラです。

こんな生ける宝石のようなクモ、他にいないだろう。

このクモの特筆すべきはその色彩、値段だけではありません。

セラドニアはトタテグモのようにトラップドアを作成します。木に

↑これが

引用https://www.facebook.com/birdspidersCH/videos/1410923138961922/

 

こう。

周りの樹皮を削って、それを糸でまとめることでドアを作ります。

これはタランチュラ(Theraphosidae)の中で極めてレアな習性です。

トラップドアの中はかなり暑いですが、その中でもしっかり生きるようです。

参考文献

http://www.scielo.br/scielo.php?script=sci_arttext&pid=S0101-81752008000400019