タランチュラ

タランチュラの雌雄判別方法

タランチュラのオスとメスの見分け方を紹介します。

見分け方には4つありますので順にみていきましょう。

あわせて読みたい
タランチュラのよくある質問 タランチュラについてよくある質問をまとめます。 飼育方法、生態についてです。 https://xn--u9j241o...

体格、色彩による判別方法

引用:https://www.flickr.com/photos/asiantheraphosids/9578650267

 

上の画像はコバルトブルーの交尾前の画像です。

左がメスで右がオスです。

タランチュラのメスは体格が大きく、オスは華奢で脚が長いです。

また色彩がかなり違います。蒼くなるのはコバルトブルーのメスで、オスは地味な感じに落ち着きます。

ただ、全ての種類でメスのほうが派手になるというわけではないので注意しましょう。

↑Pamphobeteus antinous メス 引用:arachnoboards

 

↑Pamphobeteus antinous オス 引用:insecta.fr

 

ボリビアンスティーリーブルーレッグ(Pamphobeteus antinous)のペアです。

上がメスで、下がオスです。

体格は、メスがずんぐりしていて、オスがすらっとしているのがわかると思います。

  • 体格:華奢なほうがオス、がっしりしているほうがメス、
  • 色彩:オスメスで違うが、種類によってオスが派手だったり、メスが派手だったりする。

触肢の先端を見る方法

引用:tarantupedia

 

タランチュラの顔(?)の横にあるのが触肢(pedipalps)です。

出典:tomsbigspider

 

性成熟したオスは、触肢の先端が丸く膨らみます。(上の画像)

対してメスは他の脚と同じような形をしています。(下の画像)

オスの触肢は、精子をメスに渡すため、スポイトのようなかたちになっています。それがおりたたまれて丸くなっているのです。

下の画像はオスの触肢。

出典:http://jrscience.wcp.miamioh.edu/downloads/naturalhistorytarantulas.pdf

 

フックを見る方法

出典:tomsbigspider

 

また、オスの第一脚(触肢のとなりの脚)にフック(メイティングフック)が表れます。

画像のemboliは触肢の先端のこと、tibial hookがメイティングフックです。

これは交尾の際にメスに食べられないように、牙を抑え込むためです。

注意ですが、このフックが現れない属、種類がいます。(Theraphosa属など)

これらの種類に関しては他の方法で見分けるしかありません。

生殖器の形を見る方法

腹部を見て、生殖器の形から雌雄を判別する方法もあります。

ただ、実際のクモのお腹を見て判別するにはかなり熟練していないとわかりません。

脱皮殻を用いると確実に判別できます。

↑メス 出典:http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Namiki/3684/sex.html
↑オス 出典:http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Namiki/3684/sex.html

 

上がメス、下がメスです。

メスは生殖口の形が脱皮殻にあらわれ、ヒダのようなものが確認できます。

対してオスはこのヒダがなく、つるつるしています。

この、脱皮殻を用いる方法がオスメスを見分ける一番手っ取り早い方法です。

幼体の雌雄判別方法は?

ないです。

ベビーのうちはオス、メスの特徴が現れません。

おとなしくエサを食わせて脱皮を待ちましょう。

参考文献

http://jrscience.wcp.miamioh.edu/downloads/naturalhistorytarantulas.pdf

https://tomsbigspiders.com/2015/11/08/sexing-tarantulas-using-molts/

奇虫販売

当サイトではタランチュラ・サソリの通信販売を行ってます.

他店より安価で提供している気がしますので購入ご検討ください↓

販売生体一覧を見る