サソリ

タランチュラ、サソリがエサを食べない理由!与えるべき頻度は?

タランチュラ、サソリを飼育していると悩まされるのが、餌を食べないという状態です。

これは何が原因なのか、どうにかして食べさせたほうが良いのかという疑問に答えます。

そもそも

そもそもタランチュラだのサソリっていうのは食べたのものを消化するのがめちゃめちゃ遅いです。

そこらへんのウェブサイトは「一週間に1回くらい」っていう給餌頻度をおすすめしていますが、これは結構な高頻度です。(うちもそんな感じで記述しているとか言えない。)

個体によっては1年くらい水だけで生きるやつもいますから、1か月そこらで騒がないでください。

ただし、エサは食べなくとも水はよく飲みますから水は切らさないように。

食べない原因

考えられる原因は二つです。

  1. 脱皮、産卵前である。
  2. 湿度、温度が低い。
  3. エサが好みでない。
  4. ていうかそろそろ寿命

順にみていきましょう。

脱皮前、産卵前

タランチュラは脱皮の前や、卵をお腹に抱えているときは食べません。

これらの場合は、脱皮や産卵して1週間くらい間をあけてから給餌してみてください。

温度、湿度が低い

ベビー~ジュブナイルサイズのタランチュラにありがちなのが、温度と湿度が低いという原因です。

エサをあげる前日からパネルヒーターの近くに飼育ケースを置いてやりましょう。

パネルヒーターに直置きはやめてくださいよ。

エサが好みでない

エサのサイズが合っていない、そもそもエサだと認識していないという原因が考えられます。

成体のタランチュラにデュビアのベビーをあげても「は?」みたいな顔をします。

あとは、ミルワームしか食べない、レッドローチしか食べないなんていうグルメな個体もいます。悩ましいですね。

どんなエサを与えているかは必ず購入時にお店の人に聞きましょう。

ていうかそろそろ寿命

悲しいかな、寿命が近づいたらもうそっとしておいてやりましょう。

とは言ったものの、タランチュラだのサソリは長命(10年とか)ですから、この原因でエサを食べないというのはほとんどありません。

まとめ

最初にも言いましたが、エサを食べなくなっても心配しなくていいです。

半年くらい食べないベビーのタランチュラも、うちでは余裕で生きていました。

奇虫販売

当サイトではタランチュラ・サソリの通信販売を行ってます.

他店より安価で提供している気がしますので購入ご検討ください↓

販売生体一覧を見る