エサ虫

レッドローチとは?飼育、繁殖方法は?臭い?

爬虫類や奇虫のエサとして用いられるレッドローチを紹介します。デュビアは臭くないかわりに遅い。レッドローチは繁殖スピードは速いですが臭いかもしれない。

この記事はかなりデュビアの記事と似たところがあります。

レッドローチとは

レッドローチとは虫、両生類、爬虫類、小動物のための餌用ゴキブリです。

学名:Blatta laterlis

トルキスタンローチ、レッドランナーとも呼ばれます。

レッドローチはエサ用の虫としてかなり優れています食虫性動物の餌としてコオロギが使われることが多いですが比較してみてください。

レッドローチのメリット

壁を登れない

垂直でつるつるした壁は登れません。家屋や建物で目にするチャバネゴキブリやクロゴキブリとは違いプラケースの壁は登れないので安心してください。デュビアと同様にストックが容易です。ただ、汚れがこびり付いていたり、引っ掻き傷がついているような古いプラケなんかは登ることができてしまいます。

あんまり傷がついているようなケースは使わないのが無難です。

滅多に飛ばない

ケース内の高い所に登って雄が飛ぶことがありますが、滅多に飛びません。

デュビアの雄と同様に、レッドローチの雄は飛ぶというよりも、ジャンプして滑空といったのをたまに見るだけです。

大事なことなので二度言いますが、基本的には飛びません。

殖えやすい

ここはかなりのグッドポイントでしょう。

デュビアでは性成熟つまり成虫になるまでに半年、その後でメスは2,3か月に一度子供を持ちます。

レッドローチの繁殖速度、繁殖サイクルはめちゃ早いです。

メスは2週間に一回くらいのペースで卵を持ちます。(雑調べ)。成虫が100もいれば一日に卵鞘4つくらい産み落とされるでしょう。

ていうか引くぐらい早いので逆に注意です。

餌切れ、水切れに強い

一か月に一回くらいラビットフードをぶちまけば生きてます。コオロギの貧弱さにげんなりしているみなさんに朗報でしょう。ときどき野菜くずをあげていれば水もいらないです。

ゴキブリは丈夫。

うるさくない

これもコオロギくんたちに圧勝する部分ですね。飼い主の生活に影響を与えないです。

多少はカサカサいいますけどまあ気になりませんね。

サイズがさまざま

小さい幼虫からある程度大きい成虫までいろいろなサイズを生体に与えることができるので便利です。

デメリット

ちょっと臭い?

油っぽいにおいがして臭いともっぱらの評判です。まあ消臭入りのラビットフードや、通気を意識することでかなり軽減できます。

あの油っぽいにおいがむしろ良いなどとおっしゃる輩もいるようですな。

ゴキブリである

見た目がゴキブリなので苦手な人は気の毒ですね。

まあ飼ってみると案外気にならないですけどね。

レッドローチの飼育方法

飼育はかなり雑で構わないです。飼育環境の例↓

ケースは衣装ケースやシューズケース、タッパー、米びつなどダイソーなどの100均で買えるようなものでいいです。

カブトムシとかを飼育するプラケースもちろん大丈夫です。

床材は必要ありません。ヤシガラとか腐葉土とか入れちゃうと、ダニがわきやすくなります。床材を交換する際に潜っているベビーをふるい分けるのもめんどくさくなります。

卵パックは隠れ家であり、足場です。トイレットペーパーの芯も良さそうです。

フタはなくてもいい気はします。完全に外せば通気がめちゃ良い状態になりますし。あんまりケースの内側が汚れているとかじゃなければ脱走はないです。あ、フタするときはめっちゃ穴を開けてください。

餌、水

他の飼育者にはあまり知られていないのですが、パンの耳がかなりおすすめです。食いつきも良いし、床を濡らして臭くなることがない。

他によくおすすめされるのはラビットフード、野菜くずや昆虫ゼリーです。ブロッコリーの茎、ニンジンの皮なんかはすぐになくなります。野菜くずを与える際はかならず、お皿などに載せてください。ドッグフードやキャットフード、また熱帯魚の餌はやめたほうがいいです。犬や猫、魚の餌には動物性のたんぱく質が多く含まれており、臭いの原因になります。

水入れはまあ必要ないです。ときどき野菜くずや昆虫ゼリーを与えていれば水分はとれます。ただ、あまりにも水分不足だと共食いらしき行動をすることがありますそのくらい極度に水分不足の時は、浅い皿などに入れて水分をとらせてください。

温度、湿度

・デュビアと同様、温度は人間が普通に暮らせる温度なら耐えられるようです。さすがゴキブリといったところでしょうか。東北とか北海道の冬は暖房かけっぱかパネルヒーターを飼育ケースの3分の1から2分の1をカバーするくらいに設置してください。パネルヒーターを全面にセットしてしまうと、生体が暑いと感じたときに逃げ場がなくなります。(繁殖させる場合の温度設定はもうすこし下に書いておきます。)

・湿度はかなり重要です。とはいっても乾燥気味にさせていれば大丈夫です。霧吹きは絶対にしないでください。卵パックにかかって湿気がこもると臭くなります。

掃除

死骸を見つけたら取り除くようにしましょう。これめんどくさいですがほっとくと臭いです。

糞の臭いが感じられるようになったら糞を捨ててください。この時、完全にきれいにするのではなく少し糞を残して下さい。糞にフェロモンが含まれていると言われており、あまりにもきれいな状態のケースにレッドローチを戻すと彼らが落ち着かないそうです。生活感のない家にお呼ばれしたときに落ち着かないのと同じです。これもぶっちゃけ、乾燥させとけば掃除なんか一年に一回ぐらいでいいと思います。

レッドローチを繁殖させるときのコツ

ほおっておいても交尾して子供作ります。産卵床とかはいらないです。

過密状態にして、メスを気持ち多めにしてください。エサとして使う際はオスから使う。

25~30度を保ってください。夏以外ならパネルヒーターも設置したほうがいいです。

・餌として昆虫ゼリーをおすすめしましたが、タンパク質配合の昆虫ゼリーが威力を発揮します。あとパンの耳。栄養価が高いものがいいです。

飼育ケースを極力いじらない。レッドローチたちを驚かせてしまうと彼らの生活がすべてストップします。できるだけ驚かせないようにしましょう。できるだけ人通りのない場所に飼育ケースがおけるなら彼らはそこが楽園です。この項目はかなり大事です。

卵について

卵鞘ですが、ぶっちゃけ回収しなくていいと思います。

丁寧にやっていきたい人は回収してプラスチックのコップなんかに入れて霧吹きをするんでしょうが。

そんなことしなくても気にならないくらいすぐに増えますよ。

 まとめ

コオロギの管理にうんざりしている方はぜひ導入してみてはいかがですか。