おすすめ記事

樹上棲タランチュラ紹介

きれいな樹上性タランチュラのおすすめの種類の一覧。

どうして青だったり黄金だったりといった派手なクモたちは樹上棲だったり地中棲だったりするのでしょうね。

個人的には地表棲であってくれたほうが鑑賞しやすくてありがたいのですが。

まあそういう容易には姿を見せてくれないところが良いのでしょう。

グーティサファイアオーナメンタル

Poecilotheria metallica

言わずと知れたメタリカ様。

インド中南部のアーンドラ・プラーデシュ州グーティで発見され、 落葉樹林を生息域とするタランチュラ。

半端ない発色が目を引きます。

ポエキロテリア属の中ではそんなに大きくなく、体長6㎝くらいレッグスパン20㎝とか。

気性が荒く動きも早いです。しかし、そんな難点は気にならない色彩ですね。

説明不要の美麗種。

そういえば毒もかなり強いらしいです。コバルトブルーとか比じゃないくらい。

取り扱いには十分にお気を付けください。

最近は価格として8000円くらいからベビーが買えるようでございますね。

成体の♀になると35000円くらいの値段が付くようですが。

インディアンオーナメンタル

Poecilotheria regalis

でかい。まじででかすぎる。

体長は7㎝とか8㎝なんですが脚が長くてレッグスパン30㎝を超える個体もいます。

学名がポエキロテリア レガリスというわけですが、ラテン語でregalisとは「王者」の意味であります。まさに王者って感じのポエキロでございます。

白と黒の体に、脚に入るイエローが目を引きます。

本種は、荒い、早い、でかい、強毒という扱いにくさトップクラスの種類です。

気を引き締めていきましょう。

グリーンボトルブルー

Chromatopelma cyaneopulescens

え?青いやつが買ってみたいけど、メタリカとかコバルトブルー怖いし、サジマイは単一色だからなんか微妙だって?

じゃあこいつはいかかでしょうか。

体長7㎝くらいレッグスパン14㎝くらいの中型美麗種。

ブルーとオレンジのコントラストが美しく見栄えします。

そんなに荒くないし、お尻がキウイみたいでいい感じでございましょう。

飼育は容易です。次に紹介するアンティルピンクトゥーと並んで、樹上棲の入門種と言えるかもしれません。

性質はまあそんなには荒くないのかなって感じでしょうか。

地中から樹木にかけて営巣するので樹上棲としてカテゴライズするのはちょっと気が引けましたがまあいいでしょう。

コルクバーグや樹皮を入れずに飼育すると台風の目のような見事な巣を作ってくれます。一度お試しあれ。

アンティルピンクトゥー

Avicularia versicolor

Caribena versicolor (2017年にCaribena属に飛ばされました)

みんな大好きアンティルピンクトゥーです。

一説によると「世界一美しいタランチュラ」と形容されており、その美しさは折り紙つきです。

ふわもこ小型のアヴィキュラリアの代表種でかなり出回っております。

足先がピンク色にのぞきますからPink toeというわけです。

飼育難易度が低く初心者にもおすすめです。

他のアヴィと同様、バタバタせずおとなしいです。まあそこらへんのバードイーターよりは早いですけど。突付くと素早く走り回ります。

アヴィについて補足なのですが、この属の発色は、その色の色素をもっているわけではなく、構造色の原理からそのような色が発現しています。

毛が青だったり赤だったりするわけではなく、光の屈折からそのように見えているというわけです。

そういうわけでネット上であまりにもきれいなアヴィの画像が大量に出回っておりますが、実際に見たときにがっかりしないようにしてください。

ここまで言っといてあれですけど美麗なのには変わりありませんから、ぜひ一度飼育してみてください。

サンタイガー

Psalmopoeus irminia

トラ模様が人気の樹上棲美種。ベネズエラに住んでおります。

体長8㎝くらい、レッグスパンは20㎝はいかないくらいです。結構大きいですね。

メスの色彩は、画像のように黒がベースとなり、腹部には、虎柄のように派手な模様、脚には稲妻マークが入り、非常に魅力的です。

歩脚に生えるブラシのような繊毛によってかなりボリューミーに見えますね。

オスはあんまりさえないです。

性質はめちゃめちゃ荒いので注意してください。

トリニダードシェブロン

Psalmopoeus cambridgei

トリニダード・トバゴ共和国のトリニダート島に生息する樹上性の大型種

体長8cm、レッグスパン20cmいかないぐらい。サンタイガーと同じくらいの大きさです。

この種もまた、脚に繊毛がびっしり生えるので太く見えます

成体になると、その大きさから非常に迫力のあると共に、この属特有の毛並みから、可愛らしくも感じられますね。

足先にオレンジ色の稲妻模様が見られ、腹部にいわゆるシェブロン模様が現れます。

ポエキロなどと比べるとあまり派手とは言えませんが、成体サイズになると毛の質感からか実にきれいです。なんというか猫で言えば、シャム猫のような上品さが見てとれます。

エサ食いが大変良いクモでございます。たくさん食べさせると、お腹が膨れ上がり、模様も迫力が増しますよ。

性質はまあ荒いです。

まとめ

いかがだったでしょうか。

ひとめぼれしたクモがいれば今すぐ近くの爬虫類ショップに在庫確認してみましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。